ストレッチマーク: 【肉割れ】【妊娠線】にダーマローラー(ペン)まとめ

肉割れ・妊娠線・ストレッチマーク

妊娠線や肉割れの悩みは女性に限らず男性もありますよね。

画面の映像では、一人の女性の太もも部分、右側と左側の比較検討を示しています。

Woman’s Healthさんより引用(画像から元記事に飛べます。)

左側の太ももだけに、「ダーマローラー」を使用し続けていた効用を見てみましょう。

明らかに左側の方が、右側の何もしていない状況と比べると、改善されていると見受けられます。

すでに2018年4月の時点では、ネットの記事に、翻訳サイト経由ではありますが、話題にはなっていた様です。

ストレッチマークを消すために、ダーマローラーを実際に使用した方の紹介では、針の長さと施術の感覚について紹介がありますので、見ていければと思います。

ダーマペンの使用は経験ありますが、ダーマローラーについては未経験ではあります。ただ使用にあたって肌のケアについて勉強もしていたので、ある程度の知識がある中で、ご紹介したいです。

美容に関する商品は本当に様々で、皆さんもなかなか自分に合うものって見つけるのが大変ですよね

日本でもまだまだ認知がされているとは言いづらいダーマローラーとダーマペンですが、その製品とは、細かい針が200本ほどついたローラーを肌の上で転がして、皮膚表面に無数の微小な刺傷をつけ、肌の再生を促します。

ダーマローラーによって皮膚に刺傷ができると、皮膚細胞が傷を治癒しようとして、新しい細胞が作られます。

また、術後3~4週間かけて、肌のハリに欠かせないコラーゲンやエラスチンがゆっくりと生成され、ハリや弾力が高められていきます。

1.2ミリのダーマローラーを、出来れば6週間間隔を開けることが推奨されています。年齢にもかなり左右されますので、ダウンタイムをとっていくのが個人差はありそうですね。肌質やお肌の調子にもよりますが、自分自身はアラサーで2週間で大丈夫でした。

使用前の滅菌と、適切な針の太さや長さを選択するのは、非常に重要なこととなります。

どうしても視覚から来る情報で、映像や画像の症例結果を見ると、直ぐに自分もこうなりたいと強く思ってしまいます。 何も調べず、知識の無いまま、針を皮膚に刺してしまうですとか、施術時間の調整もなく、ガムシャラに実施してしまうと、余り良い結果を生まない場合もあります。

悪い場合(デメリット)では、色素沈着や黒や茶のしみが出来ることも。傷跡や毛穴の開きで逆効果も考えられます。

悪い情報は直ぐに広まりますが、本当に必要としている方もいるでしょう。そんな方に届きづらくなってしまうので、自己判断で突っ走るらず時間をかけて取り組んでみてください。

自分の肌を良く観察し、見極めながら、充分なリサーチをして頂いて、焦らずにうまく利用してみて下さい。

ダーマペンとダーマローラーとの違いもありますので、今後も動画を良ければ参考にしてみて下さい。

関連動画を載せておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました