セルフダーマペンでシミができるのか、対策方法

ダーマペンという美容治療を知っていますか?

ダーマペンは、ニキビ予防やニキビ跡改善などの効果があります。

しかし、ダーマペンをすると将来シミができやすいという話があります。

というわけで今回は、ダーマペンでシミができるのは本当か、対策方法を解説していきます。

  1. シミの原因

2-1. 光老化(紫外線)

私は、ダーマペンでシミを誘発するという心配は、なくていいと思います。

なぜなら、シミの原因は皆さんご存じの通り、1番は光老化(紫外線)です。

だから、日焼け止めは必ず塗っておかないといけません。

日焼け止めを塗っていたとしても、近いコンビニに行くときや洗濯物を干す時の10~20分くらいだったらと日焼け止めをつけない時があるでしょう。

ですが、たった10~20分の間でも毎日積み重ねると、将来的にシミの原因となってしまいます。

2-2. 食生活の乱れ・ストレス過多

食生活の乱れやストレスを溜め込んでしまうのも、シミの原因です。

食生活は、活性酸素除去のために酵素が必要なんですけど、それがストレスで失われていくといわゆる錆び、酸化を招いてしまい、結果的に老け顔になってしまったりします。

2-4. 摩擦

シミの原因最後は、摩擦です。

セルフダーマペンをする際の摩擦でシミを誘発するんじゃないかと言われていますが、私は、化粧など毎日の摩擦の方が、ダーマペン数回の摩擦より大きいと思います。

  1. シミリスクの対策方法

シミには複合的な理由があると思います。

ダーマペンをしたからシミができるということではなく光老化や生活習慣、摩擦といった一つ一つを意識していくことが大事です。

しかし、セルフダーマペンの施術方法や施術時間によっては、シミの原因になったり、赤みが残ってしまうリスクはあります。

それは、セルフダーマペンをする際の注意点としては、言いたいです。

針の長さや、施術時間が長ければ長いほど効果が出るわけではなく、自分に見合った施術方法を徐々にやっていくのが1番の肌悩み改善の近道になると考えています。

  1. まとめ

今回は、セルフダーマペンでシミができるのか、対策方法を解説しました。

適切な施術方法、施術時間で使用すれば、シミのリスクはないと思います。

ダーマペンよりもシミに悪影響なのは、光、紫外線です。

他にも、食生活の乱れやストレス過多など日々の積み重ねの方がダーマペンよりシミに悪影響になります。

今回の内容を参考に、シミリスクを減らしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました