ダーマペンとダーマローラーどっちがイイの?

ダーマペンとダーマローラーどちらの方が良いのかお話しして行きます。

どっちがいいのか・・・正直それは・・・

部位と悩みによる!でーん😱

です!

万人受けするのはダーマペン?

ダーマペンとダーマローラーは、名前の通りペンタイプか、ローラータイプかの違いですが、どっちの方が自分に合っているのかが分からないのですよね。

というわけで今回は、ダーマペンとダーマローラーどっちがイイのかを解説していきます。

万人受けするのは一言で片づけてしまうと「ペン」タイプのダーマペンが融通が効くので分からなければペンタイプをオススメしてます。

ですが、ダーマローラーの方がとても手順が楽で静かに施術できるので、悩みによってはダーマローラーの方が向いている人もいます。

これから、ダーマペン・ダーマローラーに向いてる人・向いてない人を具体的に解説していきます。

  1. ダーマペン・ダーマローラーに向いてる人・向いてない人

ダーマペンに向いてる人

結論から言うと、ダーマペンに向いている人は全員です。

ダーマペンは、全ての悩みに対応できるので応用可能なデバイスタイプです。

なので、どっちかで悩んだらとりあえずダーマペンを買うと間違いないかなと思いますね。

ダーマローラーに向いてる人

ダーマローラーに向いている人は、短めの針で広めの範囲を施術する人です。

なぜなら、ダーマローラーは針の長さ調整ができません。

1回決めた長さでずっと施術していくことになります。

しかも針交換というのが簡易にできないので、錆びついてきたり刃が折れたりしたら、また新しく買わないといけません。

刃が鋭利でないと、肌負担が高くなりますし、肌にしっかりと針が刺さらないため施術ができていそうで出来てないことがあります。だいたい2~3回使ったら買えるべきでしょう。

ただ、美肌目的や毛穴治療で範囲が広い場合、ペンだと1cm角でしか刺せないのでダーマローラーの方が施術時間が短縮できます。

なので、ダーマローラに向いている人は、広範囲にわたる毛穴治療ですね。

また、毛穴治療と言った理由ですが、ダーマローラーの針の長さは短めな方がいいです。

ローラータイプはコロコロと針を回転させながら肌の上を転がしていますので、針で肌を掘りながら刺して行きます。針が刺さる瞬間と離れる瞬間に余計に肌表面を広げてしまうので針の長さが長いほど余計に肌を傷つけてしまう事になります。

そして2.0mmや2.5mmの長いローラーを刺しても、力をその分、自分で加えないとうまく皮膚に刺さらないので、自分が痛いと思ったら加減してしまう可能性もあります。

ダーマ―ローラを選ぶ場合は、適切な施術をするために1.0mm以下の短めの針の方がいいですね。

毛穴治療だと0.5mmとか0.75mmを買うと思いますが、それくらいの短めの針だったら転がす際に皮膚もえぐれる心配は少ないですし、痛みも少ないので適切な施術ができます。

ダーマペンに向いてない人

ダーマペンに向いてない人は、家族に内緒で施術したい人です。

なぜなら、ダーマペンは電動なので電源を入れると結構「ドドドドドドドドド」と音が大きいからです。

他は、ダーマローラーと比べて機能的なデメリットはないですが、人によっては音が大きいことが唯一のデメリットですね。

あとは、身体に打つ場合範囲が広いので、この場合もローラーの方がやりやすいです。時間も掛からないですし、背中など自分じゃ手の届かない所もペンよりローラーの方が動かしやすいですからね。

ダーマローラーに向いてない人

ダーマローラーに向いてない人は、クレーター治療や鼻(周り)の治療などスポットで治療したい人です。

なぜなら、綺麗な肌まで傷つけてしまう可能性があるからです。

悩みに対してダーマペンっていうのはした方がいいと思うので、綺麗な肌まで傷つける必要はないと思っています。

スポットで治療したい人には、あまり合理的な治療方法ではないかなと思います。

また、鼻(周り)はダーマローラーだとしたい場所に的確に針を刺せない可能性があるので、鼻(周り)の治療をしたい方は、ダーマペンの方をオススメします。

  1. まとめ

結論、もしダーマペンかダーマローラーで迷っていて、ダーマペンを使える環境にいるんだったら、ダーマペンの方を断然お勧めします。

ダーマペンは、全ての悩みに対応できますが、ダーマローラーは、全ての悩みには対応できないからです。

しかし、どちらも向いてる人、向いてない人がいるので、今回の内容を参考に、どちらにするか決めて購入してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました